歯周病

歯周病とは
歯の周囲の溝(歯周ポケット)にプラーク(歯垢)がたまり、
歯肉に炎症が起こる病気です。

        

症状
<初期の症状>
 ・口の中がネバネバする。
 ・口臭が気になる。
 ・水を飲むと歯や歯肉がしみて痛い。


中等度歯周炎の症状
 ・口臭がひどい。
 ・歯肉から出血する。
 ・歯肉が腫れる、変色する。
 ・歯がグラグラする。
 ・以前よりも歯が長く見える。
 ・歯と歯の間に物がはさまりやすい。


重度歯周炎の症状
 ・歯と歯肉の間から膿が出る。
 ・歯がグラグラする。
 ・歯が抜ける。


全身の健康状態への影響
 歯周病は細菌によって引き起こされる病気です。
この細菌(歯周病菌)や炎症部位から放出される物質が
全身に運ばれると、糖尿病、脳卒中、気管支炎、肺炎、
心臓病、早産などを引き起こすことがあります。
検査
・歯周ポケットの深さを測定する。
・歯の動揺度を測定する。
・歯肉からの出血を確認する。
・歯肉の状態の写真を撮る。
治療
<歯磨き指導>
まず正しい歯磨きの仕方を確認していただきます。
<スケーリング>
見える範囲のプラークや歯石(プラークが石灰化したもの)を取り除きます。
<ルートプレーニング>
スケーリングでは取りきれないポケット内の歯石を麻酔をして取り除いていきます。
予防
歯周病予防の第1歩はプラークを取り除く(プラークコントロールする)ことです。
お口の中の状態は一人ひとり異なります。
歯科医師、歯科衛生士にアドバイスを受け自分に合った歯磨き方法を身につけましょう。