治療内容のご紹介

インプラント

@インプラントって何?
歯を失ってしまった顎の骨の中に人工歯根を埋め込み、
それに被せ物を行い、歯の代用とする治療方法です。

 
  歯のない状態

       ↓
インプラントを埋め込んだ状態

       ↓
人工の歯をかぶせた状態

 従来の治療法ですと、固定式のブリッジにするために
歯を失った部位の両側の歯を削って被せなければなりませんでした。
 インプラント療法ですと人工歯根を埋め込むことにより、
健全な歯を削らないですみます。
多数歯におよぶ歯の欠損も人工歯根を埋め込むことにより、
取り外しの入れ歯にしないですみます。
 咀嚼(そしゃく)能率の回復や審美的改善だけでなく、
『入れ歯にしないですむ』ことによる患者様の精神的な回復も望めます。
 また、顎の骨が痩せていて入れ歯が合わない場合も
人工歯根を利用して入れ歯のガタツキを防ぐことができます。

『顎の骨に埋め込む』というと大変な手術を想像してしまいそうですが、
局所麻酔で無痛下で行いますし、術後の痛みや腫れも抜歯と同じくらいかそれ以下です。

A 当院のインプラントについて
 インプラントは世界中で20社ほどから販売されております。
当院で使用しているインプラントは アドバンス社製 AQBインプラントです。

 AQBインプラントは、身体に無害の純チタンの表面に、
骨と同じ成分であるハイドロキシアパタイトを再結晶化して、コーティングしてあります。
そのため、インプラント手術後素早く(約2ヶ月)顎の骨とインプラントが結合いたします。